じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンの評価

じぶん銀行のカードローンへの意見は賛否両論。

 

賛成派もおりますが、認めない派もおります。

 

 

この違いはじぶん銀行のカードローンを選択する際の視点が異なる事が違いを生んでいる事になります。

 

便利なカードローンと認める利用者にすると「審査が柔軟」と言うところでこのカードローンを選び審査を申し込み可決し利用して上手に活用できています。

 

ですが、反対派はやはり「金利が高すぎる」というところが「認めない」になります。

 

 

この違いは、人により「今必要な事」の部分が違いますから意見が分かれても当然です。

 

実際じぶん銀行のカードローンの場合、最高金利は銀行系の中でも高い傾向なので、魅力がないと思われる部分も確かにわかります。

 

 

ただ「審査の柔軟さ」では銀行系の中でもピカイチなので、この辺を重視すれば審査の自信のない方には非常に助かり、総量規制により借りられない等と言われる主婦、バイト、年金受給者の方にも助かるカードローンであると思います。

 

 

じぶん銀行のカードローンは、このように評価は色々。

 

評価として一番見受けられる反対派の意見は「金利」。

 

認めるという方の意見の一番多いのが「審査の柔軟さ・利便性」となります。

 

 

いずれにしても商品価値としてはメリットも色々とあるじぶん銀行のカードローンなので、利用はお勧めできるカードローンです。

 

しかし金利の部分が認められないという場合はお勧めできる商品ではやはりありませんし、金利を重視するカードローンの商品選びをする場合はそぐわないローン商品だと思います。

 

 

ただ、ターゲット層が非常に幅広いので主婦の方の「今月ピンチ」と言う場合にも役立てられますし、「旅行に行きたいけど資金不足」等の場合にも役立ち、限度額も大きい商品なので、借換え目的としても申込む価値は十分にあると思います。

 

 

じぶん銀行のカードローン利用者の中にはこうした理由により乗り換えした方も多く、尚且つ乗り換え成功者も多いじぶん銀行のカードローンなので、おまとめしたいけど審査が心配という方には、ぜひお試し頂きたいカードローン商品です。

 

ただし「審査が甘い」となる商品でも事故歴、延滞歴がある場合は、審査も当然厳しくなるという認識は必要です。

 

 

低金利カードローンランキング

安心して借りれる銀行カードローンの金利ランキングです。
銀行のカードローンですので総量規制対象外となり所得証明などは不要です。

  カードローン会社 金利 限度額 審査時間
オリックス銀行カードローン 3.0%−17.8% 800万円 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%〜14.6% 500万円 最短即日
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 500万円 最短即日

じぶん銀行のカードローンは、最大限度額500万円のカードローンです。

 

最短即日審査可能で尚且つ即日振込みもじぶん銀行口座をお持ちなら可能なカードローン。

 

利用次第で色々な用途に活かせるカードとなりますが、じぶん銀行のカードローンは、申込みも実に簡単なカードローンです。

 

 

じぶん銀行カードローンの申し込みは、じぶん銀行に口座をお持ちでない場合、携帯もしくはパソコンからの申込みが可能で、申込みが面に進み画面の案内に沿って入力するだけで申込みが簡単に終了します。

 

その後仮審査、勤務先への在籍確認、契約手続きの案内、必要書類の提出等でカードが発行されます。

 

 

又じぶん銀行の口座のある方も同様に申込みフォームの案内に沿い入力する事により申込みは完了します。

 

いずれにしてもじぶん銀行のカードローンの申し込みは非常にスムーズで申し込みがスムーズというだけでなく審査もおよそ30分程度で完了するので、大変便利なカードローンだと思います。

 

 

銀行系カードローンの中には、非常に審査に時間のかかるところもあり、最短即日と宣伝していても実際審査に2日程度かかったという例もあるので、その点じぶん銀行のカードローンは申込みも勿論早ければ、審査も早く、融資もじぶん銀行の口座を持つ事により非常にスムーズにする事ができるカードローンです。

 

じぶん銀行のカードローンは、このようにすべての借入に関する流れが早く、審査も非常に柔軟でどなたでも借りられる借りやすいカードローンだと思います。

 

 

勿論「誰でも」の中には、過去に延滞、事故歴がない事を前提としていますので、延滞した経験がある、事故歴がある場合での借り入れは、勿論不可能だと思いますが、そうした属性に問題のない方で、20歳〜70歳未満の方であれば主婦でも学生でも借り入れは出来るカードローンとなります。

 

 

やはりカードローンを選ぶ場合は、人により選択の基準が異なりますが「銀行系」「審査が柔軟」で選ぶ場合は、やはり自分銀行のカードローンが一押しです。

続きを読む≫ 2012/11/18 11:17:18

じぶん銀行のカードローンは、限度額500万円と大口タイプのカードローン。

 

利用客も多く利用者には大変便利と活用されているカードローンですが、この銀行カードローンの特徴は、何より「ターゲット層が幅広い」事。

 

会社員は勿論ですが、会社員に限らずバイト、派遣等でも利用可能。

 

又年収にさほどこだわらないのもじぶん銀行カードローンの特徴で、年収は200万円前後で可決すると言われています。

 

 

この銀行の開業当時、既に数年経過していますが、その当時は審査の特徴として店舗を構えない、コストのかからないネット銀行だからこその「幅広い顧客層」に対応しているところであり、その当時は非常に人気となったカードローンです。

 

ただ、じぶん銀行側の狙いは若年層もしくは30代がターゲットとしていると思いますが、現状としては受け入れ枠は広げている状態なので、主婦、年金受給者、学生等も利用が可能な商品となります。

 

 

審査の特徴として先に紹介したように受け入れ枠を広げているカードローンなので、当然審査は柔軟です。

 

ただし「誰でも」といっても銀行系カードローンと言う事もあり、属性に多少問題があれば当然否決する事は考えられますが、多くの年齢層の利用者が要る事も確かです。

 

この銀行のカードローンは又、金利が高い事で有名なので、そうした上限金利が高い事により融資受け入れの審査が甘いという事が特徴でもあります。

 

 

上限金利自体本当は銀行による貸し倒れリスクをより少なくするためのものであり、お金を貸すにあたりどのくらいの金利を設定すれば万が一の時にリスクを減らせるか?と言う部分も含み設定されるものなので、そのリスクの想定が高いじぶん銀行のカードローンは、これらの見解から幅広いターゲット層に融資をするという事が言え、当然審査も柔軟となるわけです。

 

要するに金利の高い(上限金利)銀行系カードローン、その他のカードローンもそうですが、金利が高い商品ほど審査が甘くなり、柔軟な審査、受け入れ枠を広げていると考えていいと言う事なのです。

 

 

続きを読む≫ 2012/11/18 11:16:18